uni-ball Signo【文具レビュー】

こんばんは、今回はuni-ball Signoの紹介です。

見た目や書き心地などを紹介していくので、最後まで読んでみてください!

 

 

持ちやすいボディのuni-ball Signo

f:id:nanalog000:20190917155642j:plain

真ん中あたりが少しくびれたような形をしています。

握ったときに上手くフィットし持ちやすいです。

グリップ部分は滑り止めがしっかりしておりボコボコとした感じです。

ペン自体は軽めでスラスラ書くことができます。

 

f:id:nanalog000:20190917160143j:plain

文字の発色は濃いめです。書いた後の速乾性も良いです。

小さい文字を書いたりする場合、裏写りがたまに気になる場所があるかもしれません。

 

漢字を書く場合は、10mm方眼くらいが潰れず書きやすいと思います。

5mm方眼だとひらがな・カタカナは書けますが、画数の多い漢字などは潰れてしまうかことがあります。

 

 uni-ball Signoはこんな人におすすめ

濃いめの発色のボールペンを探している方

持ちやすいボールペンを探している方