ノートとアプリどっちがいい?自分に合う家計簿の探し方

みなさんは家計簿をつけていますか?

家計簿ってノートにするかアプリにするかで迷いますよね。

 

私の場合、最初ノート慣れたらアプリに移行しました。

ノートとアプリを比較して両方のメリット・デメリットも分かるようになりました。

 

今回は、自分に合う家計簿の探し方について書いていこうと思います。

 

 

f:id:nanalog000:20180607191329j:plain

 

それぞれの家計簿のメリット

まずは簡単に、それぞれの会計簿のメリットを見ていきましょう。

 

ノートの場合

①記憶に残りやすい

手で書き目で確認しながら付けていると、何に使ったか記憶に残りやすいです。

 

②達成感がある

まずは一ヶ月間付けてみましょう。

最後までまとめられるとすごく達成感がありますよ

 

③無駄遣いが減る

手書きだと書くのが大変という理由で、無駄遣いが少しづつ減ってきます

私はコンビニでの買い物がかなり減りました。

 

 

アプリの場合

 ①項目の仕分けが簡単

アプリだと項目ごとの仕分けがとても楽です。

やっぱり別の項目だったと思ったときも、訂正が簡単なのも嬉しいポイントです。

 

②間違えても直すのが簡単

手書きだと間違えると直すのが面倒な場合が多いです。

アプリだと訂正が手軽にできるので

継続するのが重要な家計簿にとってはメリットの一つです。

 

③自動で計算してくれる

アプリだと、必要な項目を打ち込めば自動で全て計算してくれます。

手書きにはできない優秀な機能です。

 

入力さえ間違えなければ

その日までに使った合算も分かるので細かくお金の動きが確認できますよ。

 

それぞれの家計簿のデメリット

メリットもあればデメリットもあります。

続いてはそれを見ていきましょう。

 

ノートの場合 

①溜まると大変

ノートの家計簿の一番のデメリットです。

 

数枚なら後で良いや、面倒だしまた今度

 

そう思って少しずつ溜まっていくといつの間にか

書くのが億劫になるくらい溜まっています。

そうならないためにも、マメにつけることが大切です。

 

②古いレシートをどうするか迷う

ノートでまとめていると、段々自分なりのこだわりが出てきます。

 

キレイに日付順に付けている家計簿だと

古いレシートが出てきたときなどはどうするか迷ってしまいます。

その直し方を考えるのにも時間がかかるし

見た目も微妙になるしで困ることが多いんですよね。

 

③細かくつけると続けるのが面倒になる

アプリと違いノートの場合だと

あまり細かく付けてしまうと続けるのが面倒になってきます。

 

最初は頑張ろうと思って始めるのですが

これって続かなくなるきっかけになるんですよね。

 

最初のうちは項目は必要最低限にして

続けやすいノートを作ることが大切です。

 

④途中経過でいくら使ったか確認が難しい

アプリだと簡単にその日までに使った金額も計算してくれますが

ノートだと気になっても自分で計算しなくては金額がわかりません

 

月半ばくらいでどれだけ使ったか知りたいときなどは

少し不便だなと感じる事もありました。

 

アプリのデメリット

 ①簡単につけることができるので、無駄遣いが多くなる

作業が簡略化されていることもあり溜まっても整理は簡単と思ってしまい

ノートよりも無駄遣いが増える気がしました。

 

②レシート撮影機能はあまり使えない

アプリの家計簿だと、レシート撮影機能のついているものも多くあります。

便利な半面文字などをうまく認識してくれず何度も撮り直し

ということもよくありました。

 

お店独自の商品名で書かれている商品だと

読み取れてもこれはなんだろうと思うものもよくありました。

 

③どこまで細かくつけるか悩む

レシート撮影機能など便利な半面

どの程度まで細かくつけるか悩むのもデメリットの一つです。

 

自分なりに、レシートから必要な情報を選ぶことも重要となります。

お店と金額のみでいいのか、単品毎の分別もしたいのか

そこをはっきり決めてから使うことをおすすめします。

 

両方の家計簿を使ってみて

ノートにもアプリにもメリット・デメリットがあることが

2つを使ってみてわかりました。

両方の家計簿を使ってみて、家計簿を初めてつける方におすすめしたいのは

ノートの家計簿です。

 

やはり手で書くと頭によく残ります。

お金の流れもインプットされやすいので無駄遣い防止になります。

最初は大変かもしれませんが、ノートを経験して損はないと思います

 

家計簿をつけるという流れに慣れてきたら

アプリを使ってみるのもいいでしょう。

 

アプリならノートではまとめきれなかった細かい項目も

簡単にまとめることができます。

家計簿の幅も広がると思いますよ。

そして、自動計算の便利さも分かると思います。

 

これから家計簿を付けたいけど何を使ったら良いか分からない

という方の参考になれば嬉しいです。それでは。