挑戦するコツは4つのプライドを捨てること

こんばんは、ななろぐです。

 

あなたは何かを始める時に、すぐに挑戦できるタイプですか?

 

それとも、自分のプライドが邪魔して挑戦する時に考えこんでしまうタイプですか?

 

挑戦する時にプライドが邪魔すると、折角やる気になっていたことも諦めてしまう原因になってしまいます。

 

頼らず全部自分でやろう

失敗は許されない完璧に仕事をこなさないと

 

こんな風に考えてしまったら、進んでいた足もピタリと止まってしまいます。

 

そうならないためにも、このようなプライドは捨てた方が断然楽です。

そうすることで、自ら上げていたハードルも下がり挑戦しやすくなります。

 

今回は、プライドを捨て事をテーマにまとめてみました。

 

 

f:id:nanalog000:20191028185233j:plain

捨てるべきプライドとはどんなもの?

挑戦の邪魔をする、捨てた方が楽になるプライドが下の4点になります。

 

  • 人に頼れず全部一人でしようとするプライド
  • 失敗は許されない・バカにされたく無いというプライド
  • 変化を嫌い自分が正しいと思い込むプライド
  • できないと認められないプライド

 

このようなプライドは完璧主義に近いかもしれませんね。

 

 

人に頼れず全部一人でしようとするプライド

一つ目に捨てるべきなのは、人に頼れず全部一人でしようとするプライドです。

周りの人に頼らず一人で仕事をしていると、キャパオーバーになってしまった時が大変です。

 

頼りたいけど周りの人も忙しそうだし・・・。

周りの人に聞く前から自分の中だけで判断するのはやめて、まずは聞いてみることが大切です

 

このように考える人は、もしかすると周りから見ると多くの仕事をしているなと見えている場合もあるかもしれませんよ。

 

失敗は許されない・バカにされたくないというプライド

二つ目に捨てるべきなのは、失敗は許されない・バカにされたくないというプライドです。

失敗やバカにされるという言葉は、プライドの高い人にとっては耳の痛くなる言葉ですよね。

 

この2つのプライドを捨てることができると、自分にも周りにも優しくなれます。

 

失敗が許せないタイプの人は、自分もそうですが他人にも同じ考えを押し付けている場合があるかもしれません

始めはきっちりした人なんだと思われるかもしれませんが、だんだんと関わりたくない人になってしまってはいないでしょうか?

 

他にもバカにされるのが嫌な人も、話しかけにくてプライドの高い人とレッテルを張られているかもしれません。

円滑に作業を進めるためにも、失敗を受け止めることが大切です

 

変化を嫌い自分が正しいと思い込むプライド

三つ目に捨てるべきなのは、変化を嫌い自分が正しいと思い込むプライドです。

 

現在の敷かれたレールが正しいと思う気持ちも分かります。

ですが、新しいことに挑戦したい時にはそのプライドが邪魔していませんか?

 

周りがいいと言われる事が正しいと思い込んでいたり、今の生活を犠牲にしてまでやる意味があるのか?

このように変化を否定するのではなく、挑戦をポジティブに捉えるようにすれば考えるのも楽になりますよ

 

できないと認められないプライド

四つ目に捨てるべきなのは、できないと認められないプライドです。

できないってつらいですよね。しかも本当にできないことって、できないって言うの大変じゃないですか

 

自分ってこんなこともできないのかと認めたくないがために、抱え込みすぎてしまう。

あなたはこんな悪循環に陥っていませんか?

 

最初は抵抗があると思います。

ですが、「できません」の一言でかなり心は楽になると思います。

 

まとめ

今回は、捨てた方がいい4つのプライドを紹介しました。

 

  • 人に頼れず全部一人でしようとするプライド
  • 失敗は許されない・バカにされたく無いというプライド
  • 変化を嫌い自分が正しいと思い込むプライド
  • できないと認められないプライド

 

突然これらのプライドを捨てるのは難しいと思います。

まずは自分と向き合いながら、4つのプライドを一つづつでも捨てていきませんか?

 

プライドを捨てて謙虚になることで、見える毎日も変わってくると思いますよ。