一人行動を始めてから変化した3つのこと

こんばんは、ななろぐです。

あなたは、一人行動できますか?

 

一人行動ができない原因に、周りからどう思われているんだろう?

という不安や恐怖があるのかもしれません。

 

今回は、一人行動ができるようになって変わったことについて3つお話ししようと思います。

 

一人行動できるようになって変わることがあるのか。

という疑問に答えられたらと思っていますので、最後まで読んでみて下さい。

 

 

一人行動ができるようになって変わったこと

一人行動ができるようになって変わったことは以下の3点になります。

 

  • 行動範囲が広がった
  • 自分なりに考えて動くようになった
  • 計画を立てるのが得意になった

こちらの3点になります。

3点の変化について詳しく解説していきます。

 

行動範囲が広がった

一人行動ができるようになると、行動範囲が広がっていきます

誰かと一緒の行動だと、なかなか自分の行きたい場所に行けないということが多いと思います。

 

一人行動ができるようになると、行きたい場所も自分で選べるようになるので行動範囲がだんだんと広がっていきます。

自分の行きたい場所に行けるようになると、自信になるし次はここに行きたいという意欲も湧いてきます。

 

私の場合、一人行動をするようになって前より県外に出かけることが増えました。

誰かと一緒だと遠慮してしまいがちですが、一人だと自由に行動できるので楽だということも分かりました。

 

自分なりに考えて動くようになった

一人行動ができるようになると、自分で考えて動くことが増えました

一人行動は全て自己責任なので、何をするにも一旦考えてから動くという習慣がついてきます。

 

誰かと一緒だと、周りの意見に同調するという場面がありますよね。

一人行動だと全部一人で考えないといけないので、しっかり考えて自分が納得してから行動するようになります。

 

計画を立てるのが得意になった

一人行動ができるようになると、計画を立てるもの得意になりました

一人旅などを計画する場合、交通手段や宿などの手配は全部自分でしなくてはいけません。

 

計画をある程度立てていかないと、行き当たりばったりではできないことも出てきます。

 

この場所でどれくらい何をするとか

新幹線や飛行機には最低何分前にはついておかないと

考えることが実はたくさんあります。

 

経験していくうちに、計画を立てるのがだんだん得意になってきました。

 

一人行動で人生は変わる

私自身、学生時代は誰かと一緒に行動するのが当たり前でした。

何かと理由を付けては2人以上で行動するのに慣れていたので、初めて一人行動をしたときは周りの目が気になって仕方がありませんでした。

 

しかし、ある時から自分が思っているより周りは自分のことを見ていないと思うようにしました。

そうすると、一人行動がかなりしやすくなりました。

そこから一人行動をするようになって、今回挙げた3点の変化を感じることができました。

 

  • 行動範囲が広がった
  • 自分なりに考えて動くようになった
  • 計画を立てるのが得意になった

 

変化は人それぞれかもしれませんが、私は一人行動でこの3点の変化を感じることができました。

一人行動でどんな変化があるのか、疑問に思っている方の参考になれば嬉しいです。