自分で調べるメリットとは?検索力を付けて仕事や日常に活かそう

こんばんは、ななろぐです。

日常生活には分からないことはつきものです。

そんな時あなたはどうしていますか?

 

  • 自分で調べる
  • 周りの人に聞く

 

主にこの2つの方法が多いと思います。

 

自分で調べるのが面倒だから、周りの人に聞くことが多いと思ったあなた。

自分で調べることをしないでいると、損しているかもしれませんよ。

 

質問している時、聞かれる側の気持ちは考えていますか?

検索すればすぐ出てくるようなことも、誰かに聞いている場合は要注意!

 

最初はいいかもしれませんが、繰り返すうちにそんなことも分からないの?

と思われる原因になってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも自分で調べる力は大切です。

今回は、自分で調べることのメリットをまとめました。

 

自分で調べることにどのようなメリットがあるか知ることで、検索力の大切さに気が付いてもらえると嬉しいです。

 

 

自分で調べるメリット

自分で調べる機会の少ない人は、周りの人に聞いた方が楽だし早い。と考える人も多いと思います。

しかし、自分で調べることにはメリットもあるんです。

 

  • 記憶に残りやすくなる
  • 今まで見えていなかった部分に気が付く
  • 次に活かせる

 

これらのメリットは自分で調べるうちに実感できるようになります。

 

記憶に残りやすくなる

人から聞いた情報より、自分が調べて得た情報の方が記憶に残ります。

学校や職場で人から教えてもらったことって、思い出してと言われても思い出すのに時間がかかるか、思い出せないことが多くないですか?

 

一方で自分の趣味の情報や好きな事などは、自力で調べますよね。

そうして調べた情報って結構頭に残っていませんか?

 

このように、自分から行動して得た情報は記憶に残りやすいのです

 

今まで見えていなかった部分に気が付く

人に聞いてばかりだと聞いたことは分かったとしても、それ以上のことにはなかなか気が付きません。

疑問が生まれても、ここからどうすればいいの?と思考が停止してしまいます。

 

自力で調べることができるようになると、さらにこれも調べておこうと思考の幅も広がります

今まで見えていなかった部分にも、スポットを当てられるようになっていきます。

 

その為にも、分からないことがあると感じた瞬間に調べるという癖をつけてみましょう。

 

次に活かせる

以前と同じ内容で調べごとをしていたとします。

調べているときに前も同じ事を調べていたなと思い出せば、その時の情報と合わせてさらに効率よく作業ができます

 

これは一度調べていないと分からないことですよね。

調べることは次に活かすきっかけにもなるので、そのチャンスを逃さないようにしましょう。

 

まとめ

今回は、自力で調べることのメリットをまとめていきました。

自分で調べることができるようになると

 

  • 記憶に残りやすくなる
  • 今まで見えていなかった部分に気が付く
  • 次に活かせる

 

というメリットを感じられるようになります。

 

自分で調べるのは最初は難しいかもしれませんが、そんな手探りの状態も楽しいものです。

調べるという行動を起こさず誰かに聞いてしまうと、聞くことが癖になり他人頼りになってしまいます。

 

そうならないためにも、分からない・どうしたらいいの?と感じたら検索する癖を習慣づけてみて下さい。