キャッシュレス支払いで支出の見える化をしよう

こんばんは、ななろぐです。

あなたは、日々の家計簿をつけていますか?

消費税が10%なってから、お金の管理に気を付けている方も多いのではないでしょうか?

 

私は10月に入ってから、キャッシュレス決済を良く利用しています。

自分のできるキャッシュレスの手段がある場所は、全てキャッシュレス支払いです。

 

キャッシュレス決済をする中で感じたのは、支出の見える化がしやすくなったということです。

 

今回は、私の支払い方法とともに、支出の見える化についてまとめてみました。 

 

 

f:id:nanalog000:20191026193309j:plain

今月のメインの支払い方法

まずは、私のメインの支払い方法をまとめました。

10月に入って、私は以下の支払い方法で買い物をしています。

 

  • メイン支払いはクレジットカード
  • コンビニ・娯楽・ドラッグストアは楽天ペイ
  • 上記2つで払えない場所は現金か電子マネー

 

それぞれについて詳しくまとめました。

 

メイン支払いはクレジットカード

買い物に出かけてメインの支払いはクレジットカードでしています。

楽天カード決済にして、ご利用状況も定期的に家計簿に反映させています。

前よりポイントも貯まるようになったので嬉しいです。

 

会計が5000円以上になる場合は2回払いを選択しています。

次月に先月の2回払いの半分の代金が家計簿に表示されるので、使い過ぎ防止にも役立っています。

それに2回払いだと、金利手数料も無料なので助かっています。

 

合わせて読みたい

クレジットカードの2回払い メリットとデメリット - 趣味と日常の部屋

 

コンビニ・娯楽・ドラッグストアは楽天ペイ

楽天ペイは、コンビニ・娯楽・ドラッグストアで主に利用します。

コンビニは、セブンイレブンファミリーマート・ローソンを利用しています。

特にこだわりはないので近場にある所に入る感じです。

 

 

娯楽として、ビッグエコーでも利用しました。

今月は行っていませんがが、ドラッグストアならウォンツで使っています。

 

合わせて読みたい

楽天ポイントの使い道 楽天payで賢く買い物しよう - 趣味と日常の部屋

 

上記2つで払えない場所は現金か電子マネー

地元のスーパーなどは、クレカ非対応(主にJCB)・楽天ペイは使えないというところも多いです。

なので、そのような場所は現金かスーパーの電子マネーで払っています。

 

スーパーであれば、そのスーパーの電子マネーで支払います。

と言っても最近は、クレジットカードの使えないスーパーであまり買い物していません。

それくらい現金払いはしなくなりました。

 

キャッシュレス支払いで家計簿も楽々

クレジットカード決済も楽天ペイ決済も、履歴がパソコン・スマホで確認できるのでとても楽です。

 

支出の見える化がしやすいので、現金を持ち歩いていた時より使いすぎも減ってきました。

 

現金払いやスーパーの電子マネー支払いだと、レシートをもらい自分で家計簿に書いたり入力したりする手間が必要になります。

そうなると財布の中でレシートが貯まってしまい家計簿管理も億劫になりますよね。

 

その点キャッシュレス決済を利用すると、ご利用確認メールが届く場合が多いです。

それに、自動で家計簿に入力してくれたり、履歴を見ることができたりと支出の見える化がいつの間にかされています

 

キャッシュレス支払いした金額は、もれなく反映されるので助かっています。

手書き家計簿だと、見落としがあったり書いていた日より前のレシートが出てきたりとアクシデントがつきものです。

 

キャッシュレス支払いで支出の見える化

キャッシュレス決済は、上手く利用できれば今までより家計簿の管理なども簡単にできるようになります。

支出の見える化が早くできるほど、家計管理もしやすくなるでしょう。

 

キャッシュレス支払いだと、財布の中のお金が減らないから使い過ぎそう、と不安に思うかもしれません。

ですが、使った分の履歴がちゃんと残ってくれるので家計簿を手書きするより意外と効率的な場合もあります。

 

利点をうまく活用して支出の見えるかをしてみませんか?