キャッシュレス決済の浪費の原因と対策

f:id:nanalog000:20191108192839p:plain

どうも、ななろぐです。

 

キャッシュレス決済を始めてから、浪費しやすくなったと悩みを持つようになった方はいませんか?キャッシュレス決済は、手軽にできる反面浪費しすぎてしまうという悩みも多い決済方法です。

 

うまく活用できればいいのですが、使いすぎるあまり月末の請求を見てびっくりという方もいるのではないでしょうか?

 

  • キャッシュレス決済でなぜ浪費してしまうのか
  • 浪費を抑えるためにどうすればいいのか

 

今回は、このような疑問を持つ方に向けキャッシュレス決済の浪費の原因と対策をまとめていきました。

 

 

キャッシュレス決済で浪費してしまう原因

f:id:nanalog000:20191108200405p:plain

キャッシュレス決済で浪費してしまう原因は主に4つあります。

 

お金を使ったという感覚になりにくい

キャッシュレス決済をすると、財布の中のお金は減りません。そのため使いすぎているという感覚が薄れてしまい、それが浪費の原因になっています。

 

財布の中が減らないと、まだあるから大丈夫と考えてしまいますよね。その油断から使いすぎてしまい知らず知らずのうちにお金を使っているのです。

 

具体的に何に使ったか覚えていない

キャッシュレス決済の手軽さゆえに、あれもこれもと手に取って買い物していませんか。そうなると、後で月末の請求書で思わぬ金額に驚いた、という経験をしたことがあるかもしれません。

 

何を買ってそれだけの請求が来ているのか、使った内訳が分からなくならないように家計簿を付けるなど対策をするのがおすすめです。

 

ポイント欲しさに買いすぎてしまう

キャッシュレス決済が推進されてから、対象店舗ではキャッシュレス還元として数%ポイント還元されていますよね。それを見てたくさん買ってキャッシュレス決済したらお得と思い込んでいる方はいませんか?

 

今までどおりの買い物で、支払い方法をキャッシュレスに変更するとポイント還元もあるのでお得になります。しかし、今まで通りにプラスして買いすぎてしまうと、その分支出は増えてしまいます。

 

なので、今までの買い物をキャッシュレスで支払うだけにするなど、ポイント欲しさに買いすぎないように気を付けることが大切です。

 

 

決済手段を作りすぎてしまう

スマホ決済・QR決済・クレジット決済・電子マネーとキャッシュレス決済の種類はたくさんあります。それぞれの決済方法も細分化されており、決済手段をたくさん持ってはいませんか?

 

決済手段をたくさん作りすぎると、どの決済方法でどれだけ使ったか把握するのが大変になります。把握できるようにするために、主に使うものに絞ることが大切です。

 

キャッシュレス決済を利用していると、よく使うものが分かってくるはずです。その決済方法で一括して管理できないか考えてみるものいいかもしれませんね。

 

キャッシュレス決済で浪費しないための対策

f:id:nanalog000:20191108201116p:plain

便利なキャッシュレス決済は、うまく生活に取り入れていきたいですよね。続いては、キャッシュレス決済で浪費しないための3つの対策をまとめました。

 

家計簿を付ける

キャッシュレス決済で浪費する原因に、何に使ったか分からなくなるということが挙げられましたね。そのような方は、家計簿を付けることをおすすめします。

 

家計簿を付けるタイミングは、使ったその日が理想です。難しい場合は週に1回はまとめるようにしましょう。

 

レシートなどをきちんともらい、家計簿に付けてください。単品まで書くのが大変な場合は、お店と使った金額を控えましょう。それだけでも、どこでどれだけ使ったかが分かるので、お金の流れは掴めてきますよ。

 

チャージ型の決済に変える

キャッシュレス決済にはクレジット決済やスマホ決済の他に、電子マネー決済もあります。電子マネーであれば、チャージしておいた分しか使えません。

 

クレジット決済のように後日の請求ではなく、先にチャージした分しか使えません。なので、先に今月はこれだけと必要な金額をチャージしてうまくやりくりするようにしましょう。

 

ここで気を付けるのはオートチャージをオンにしないことです。オートチャージをオンにしていると、一定の残金から減らないので気を付けてください。

 

支出を増やさないようにする

今までの支出より多くの支出が発生する原因に、買いだめがあります。ポイント還元があるからお得と勘違いして実は浪費している場合があります。

 

還元されるからと安心して買い物を続けていると思った以上の支出に驚くことになるでしょう。そうならない為にも、支出を変えずにキャッシュレス決済をうまく利用してポイントを貯めることができるようやりくりをすることが必要です。

 

今まで現金で払っていた部分をキャッシュレス決済に変えるだけで、買い物の量は変えないというのが大切になります。

 

まとめ

今回は、キャッシュレス決済の浪費の原因と対策についてまとめていきました。

キャッシュレス決済で浪費してしまうのは

 

  • お金を使ったという感覚になりにくい
  • 具体的に何に使ったか覚えてない
  • ポイント欲しさに買いすぎてしまう
  • 決済手段を作りすぎてしまう

 

という4つの原因がありました。これらの原因で浪費してしまわないための対策として3つの対策も紹介しました。

 

  • 家計簿を付ける
  • チャージ型の決済に変える
  • 支出を増やさないようにする

 

お金の動きを確認しながらうまくキャッシュレス決済を活用してみて下さいね。