【ブログ初心者向け】毎日更新がつらい時の原因と対策

どうも、ななろぐです。

この記事を見つけて読んでくださっている方は

 

  • 毎日更新に興味がある
  • 現在進行形で毎日更新のつらさにぶつかっている

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

毎日更新を続けていると、自分のペースで書いているときは楽しいです。

ですが、次のような悩みを持ち始める頃からだんだんとつらくなってくるんですよね。

 

  • 書きたいテーマがない
  • 記事のボリュームが足りない
  • 雑な記事を見て罪悪感がある

 

 今回は、この3つの原因と対策をまとめてみました。

同じような悩みを持つ方の参考になれば嬉しいです。

 

 

f:id:nanalog000:20191104102713p:plain

ブログの毎日更新がつらい原因3つ

ブログの毎日更新って、何を書こうか迷っても出てこないと思い始めるあたりから、だんだんとつらくなってきますよね。

そう思う原因として3つの原因があります。

 

  • 書きたいテーマがない
  • 記事のボリュームが足りない
  • 雑な記事を見て罪悪感がある

 

書きたいテーマがない

ブログを始めたばかりの頃は、自分の中である程度書きたい内容が決まっている場合が多いですよね。

なので、書きたいテーマに沿って書いていればある程度の期間は更新が続きます。

 

しかし、毎日更新を続けると書きたい記事もある程度書いてしまいますよね。

そうなると次第に書きたいテーマが無くなってきます。

 

書きたいテーマがないのに、毎日更新を止めないために無理やり絞り出そうとしてくるとだんだんと更新がつらくなってきます。

 

そうなるとパソコンを開いてブログの投稿画面を目の前にしても、何も思い浮かばなくなってくるので気を付けなくてはいけません。

 

記事のボリュームが足りない

ブログの毎日更新をする理由の一つに、収益化を考えている方もいると思います。

私もそうだったのですが、そうなると記事のボリュームも意識しようと考えてしまうんですよね。

 

まず書いてみるものの、特にライター経験など無いので記事のボリュームを増やすって至難の業なわけです。

今日は結構書けたかも、と文字カウントを見たら1000文字も言ってないなんてことはざらです。

このようなことが続くと、ブログの更新ってつらいなと思ってしまうようになります。

 

雑な記事を見て罪悪感がある

書きたいテーマがなくなる話でも少し触れましたが、無理やり投稿を続けようとすると「とりあえず更新すればいいや」という状態に陥ります。

 

そうなると、内容がだんだんと雑になり無理やり更新している感がにじみ出てきます。

記事は長々書いてはあるけど、内容があまり入ってこない記事ができてるんですよね。

 

記事を投稿できたとしても、こんな記事投稿して良かったのかな?と罪悪感にさいなまれます。 

罪悪感がある状態で、記事を書き続けるのは本当につらいです。

 

ブログの毎日更新がつらくなった時の対策

つらいけど、ブログは書き続けたいと考える方もいらっしゃると思います。

つらくなった時は、次のような対策をすることで気持ちが少し楽になりますよ。

 

  • ルールを決めない
  • 毎日更新をやめて書きたい時に書く

 

ルールを決めない

更新時間はこの時間・記事の文字数は1000文字以上など、書くことに慣れていない状態でルールを決めすぎると、できない日が訪れたときつらくなります。

そうならないためにも、ルールは決めずにゆるく更新するのがおすすめです

 

毎日更新をやめて書きたい時に書く

辛さの原因である毎日更新をやめる、という選択肢もありだと思います。

読者からすると、読みにくい記事をたくさん投稿されるより、読みやすく書かれた記事の方が読みたいものです。

 

書くことに慣れたらまた毎日更新を再開します、くらいの気持ちで更新している方が楽です。

 

あなたの記事を読みたいと思っている読者の中には

毎日更新に挫折して記事が読めなくなるより、3日に1回でもいいからあなたの書いた記事が読みたい

そう思ってくれている方もいると思いますよ。

 

なので、毎日更新はつらいなと思い始めたのであれば、自分の更新しやすい頻度に変更するのも一つの手段です。

 

まとめ

今回は、毎日更新がつらい原因と対策をまとめていきました。

 毎日更新がつらいと感じてしまうのは

 

  • 書きたいテーマがない
  • 記事のボリュームが足りない
  • 内容がだんだん雑になってくる

 

という3つの原因が関係しています。

 

毎日更新がつらいなと感じ始めたら

 

  • ルールを決めない
  • 毎日更新をやめて書きたい時に書く

 

という対策を思い出してみて下さい。

 

辛いからやめるではなく、辛いときは自分のペースを思い出して、自分の最適な更新頻度を模索してみるのもいいかもしれませんね。