趣味と日常の部屋

パン・文具・ゲームなどのレビューを書いたり、日常のことなどを書いている雑記ブログです。

家計簿が続かない?コツを掴めば続くようになります

f:id:nanalog000:20191125205232p:plain

どうも、ななろぐです。

家計簿って続けるの難しいですよね。私も付け始めたころは3か月続けばいい方でした。そんな私ですが現在は、毎月家計簿を続けることができています。

 

  • 家計簿が続かない
  • 続けるコツが知りたい

 

このような方に向けて、今回は家計簿を続けるコツをシェアしていきます。

 

 

家計簿を付ける目的を最初に思い出そう

始めにあなたが家計簿を付ける目的をもう一度考えてみましょう。目的が家計簿を付けることになっていませんか?家計簿を付けることが目的になっている方は、目的をもう一度改めましょう。

 

  • お金の流れを知りたい
  • 何にお金を使っているか知りたい
  • 無駄遣いをしてないか確認したい

このような目的のために家計簿を付けている方は、次の家計簿を続けるコツに進んでください。

 

家計簿を続けるコツ

家計簿を続けるには次のポイントが重要となります。

 

f:id:nanalog000:20191125205818p:plain

付ける内容を簡略化する

家計簿って細かく書けば書くほど続かなくなります。書き込みが多いほど書き終えた後の達成感はあります。しかし、それが書くことが目的になる原因にもなるんです!なので、内容はできるだけ簡略化しましょう

 

私は現在、曜日・店名・金額のみを付けるようにしています。買った内容も書いていたことはありますが、続かなかったので止めました。

 

買い物したお店と金額が分かれば、どこでどれだけ使ったが分かるようになります。その作業に慣れてきたら、次第に付ける項目をカスタマイズしていけばいいと思います。まずは簡略化して、必要最低限を付けることから始めましょう。

自動で家計簿が付く仕組みを利用する

クレジット決済をすると、ネット上の家計簿と連帯できるものができます。自動で更新されるので、毎回付ける手間が減ります。

 

私は楽天カードを使っており、クレジット決済をすると家計簿に反映されるようになっているので、その分の記録は自動で更新されます。ちなみに、付けるタイミングは利用日で統一しています。

 

スマホアプリでも、事前登録で金融機関やクレジット情報を入力しておけば自動で利用履歴を付けてくれるものがあるので、アプリを利用するのも一つの手段です。

 

自動で家計簿が付く仕組みを利用できれば、日々の手間も省けるので続けるのも簡単になっていきます。

 

レシートが溜まる前に付ける

パンパンになった財布から、一枚ずつレシートを出して家計簿を付けるのは嫌ですよね。レシートが溜まる前に家計簿を付ける習慣を付けていけば、日々の作業も少なくて済みます。

 

一か月貯めてしまうと大変なので、15日・一週間・1日くらいで自分の付けやすいタイミングを見つけてみるのがおすすめです。他にも、たくさん買い物をしてしまいレシートが溜まったと感じたらその日のうちに処理するのもいいでしょう。

 

たくさん溜まり面倒という感情が生まれる前に、処理しておくことが大切です。

 

いかがでしたか?

家計簿を続けるのは簡単なようで難しいものです。最初のうちは慣れない作業に戸惑うことも多いでしょう。

 

せっかく始めるなら細かく付けたいと思うかもしれませんが、最初はお店と金額が分かる程度の、簡単な家計簿から始めることをお勧めします

 

家計簿は続けることが大切です。何か月か付けていくうちに、この項目があった方がいいなと感じだせば、そこで初めて項目を追加していけばいいと思います。

 

初めからあれこれ付けるのは禁物です。レシートを溜めすぎるのも続かない原因になるので、まめに財布を開いて中身を確認してみて下さいね。

 

家計簿は手書きでもアプリでもどちらでも大丈夫です。自分の一番使いやすいもので、ストレスなくできるようにしましょう!

 

まとめ

家計簿を続けることは次の3つのポイントが大切です。

  1. 付ける内容を簡略化する
  2. 自動で家計簿が付く仕組みを利用する
  3. レシートが溜まる前につける