趣味と日常の部屋

菓子パンの紹介とレビュー、趣味のゲームの話などを書いています。

菓子パン検索はこちらから!

10年続けられたこと

こんばんは、ななろぐです。今回は自分語りというやつを少しさせて下さい。

自分の中での節目のタイミングということもあり、記録として書いていきます。

 

今回のテーマは「10年続けられたこと」です。今まで続けてきた中では最長の記録です。辞めずに続けるって前半大変、後半はコツを掴んで少し楽という感じでしたね。

ちなみにこの次に続けた中で一番長かったのは小学生を6年続けたことです(笑)

 

それでは少し長くなりますがお付き合いいただけると嬉しいです。

 

 

 

今の仕事が10年目になりました

19歳から始めた今のお仕事が今年で10年目になりました。健康診断の結果の端の方にこっそり入社日が書かれていてその事実をしりました(笑)

バイト(レジ業務)➡パート(パン担当)みたいな感じでゆるく働いています。正社員はしてないので続けられたのかもしれないです。

お給料はお察しですが、個人的には細く長くをモットーにということにしておきます。

一番の天敵、ストレスはほぼないので快適な状態で働けているという面ではかなり良いものです。

そして仕事内容もほぼ一人で決めて一人で動けるので楽と言えば楽なのですが、長年人手不足っていうだけなんですよね。一人でやらざるを得ない状態になったので、体がそれに慣れた感じです。

 

現在はノンストレスでお給料がもらえる天職

考え方を変えれば、今の仕事は天職なのかもしれません。好きなパンに関することを仕事でできるし、ある意味パン屋さん気分を味わえるそんな仕事だと思っています。

本当にパン屋さんを開いたとしたら、早朝から下準備などで忙しく廃棄とか多いと大変そうだな~と、ある意味客観的に見ることができるようになったかもしれません。お店とか持てたら楽しそうだけど、楽しそうだけではできそうにないなと言う現実を知りました(笑)

私が担当しているのはメーカーものの製パンなので、パン屋さんよりは賞味期限は長いけど、スーパーの中で見ると日持ちは短い部類です。廃棄も多い時はまあまああるし、いろいろ考えちゃいますね。

 

ある意味好きなことを仕事にできた

私はパンが好きなので、ある意味では好きなことを仕事にできているのかもしれません。スーパーでのパン担当は、日持ちの面であまり新人さんが来ることが無いみたいです。

というか日配部門(牛乳や乳製品・お豆腐・納豆などの和風ものなどの日の短いもの)が人気無いのか?と思うくらい全然人が入ってこないんですよね。

そんなこともあり、担当が変わらずパンの売り場歴がどんどん長くなり今に至ります。慣れると楽しいのですが、大体慣れる前に辞めていくのがスーパーのお仕事なんですよね。

 

考え方は人それぞれ

スーパーと言うと低賃金ってイメージは結構強いかと思います。誰でもできる仕事と言われますが、そういわれる割に滅多に新人さんは入ってこないという職場です。

入って慣れた頃に辞めちゃう人も案外多いもので、合う合わないのあるお仕事なのかもしれませんね。

私も時給低いなと思うことはあれど、まあストレスなく働けて自分の裁量で動ける部分も多いからこれはこれでありかなとは思っています。

まあ辛いと思ったらすぐやめてると思うので、こんなに続いているということは自分の中で納得できているのかなと思っています。

10年もしているとだんだんとコツを掴んで、効率的に早く終わらせる能力はかなり磨かれました。でも早く終わらせすぎると、間にすることが無くなってくるという新たな問題が最近発生中です。

 

今後もゆるく続けていく予定

今のお仕事は朝がまあまあ早いということもあり、生活リズムも崩れることなく働けストレスもほぼないので今後もゆるく続けていく予定です。

仕事のこともたまに書いていけたらなと思うので、不定期ですが忘備録としてたまに更新するかもです。

そしてこのブログもゆるく続けていきますのでよろしくお願いします。このブログも10年続けましたって記事がかけるくらい続けたいですね。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

/*広告*/